ビルベリーサプリおすすめ.com

普段から気をつけたい目の病気!

 

みなさんはご存知ですか?
私たちの目の細胞は、一年ごとにおよそ5000個ずつ消えていくんです。

 

歳を重ねる事に、「なんだか最近目が悪くなった?」と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そもそも、体のどんな部分でも、若い頃に比べれば衰えてきますよね。
それと同様、目も若い頃に比べれば老化していくのです。

 

歳を重ねていくごとに、体の色々なところにトラブルが出てくるのは当たり前ですが、老化していく目とうまくつきあっていくことが大切だと思います。そこで、普段から気をつけたい目の病気についてご紹介したいと思います。

 

 

【気をつけたい目の病気はこちら】

 

まず、みなさんはこんな目の病気、聞いたことはあるでしょうか?

 

・緑内障
・飛蚊症
・老眼
・糖尿病網膜症

 

これらの目の病気は、大体30代〜40代の方が発症しやすいとされていますが、近年若者の間でも目のトラブルが問題視されています。

 

その理由は、今の時代小さな子供も1人1台ゲーム機を持っている時代です。
その結果、朝から晩までゲーム漬けな毎日だったら、暇さえあればゲームといった昔に比べてインドア派な子供がたくさん増えています。

 

その結果、ゲームのやりすぎて目をつかいすぎてしまった結果、若者にはあまり発症しない「飛蚊症」になってしまう人もいらっしゃいます。
必ずしもゲームのやりすぎが原因ではありませんが、目の使いすぎ、眼球に傷がついてしまったり、一度発症すると完治は難しいとされています。
どんな症状かというと、飛蚊症とは、実際には飛んでいない黒い蚊のような小さな黒い点が、視界を飛び回っている現象です。
小さな蚊が飛んでいると思いきや、実はあなたにしか見えてないとても鬱陶しい物です。

 

 

【対策をとることがとても大事】

 

老化による目の病気は、仕方がありませんが、対策をとることがとても大切だと思います。

 

・目もしっかりと休めてあげる

 

 

疲れたらみなさん、体を休めますよね?
それと同様、目も疲れたなと思ったら休めてあげることが大切です。

 

特に、パソコンやスマートフォンを長時間使う人は、使わない人に比べて目をたくさん使っています。

 

だからこそ、パソコンやスマートフォンを使う時に「ブルーライト対策メガネ」や、画面にブルーライトカットの「保護シート」など、簡単にできる対策はたくさんあります。

 

他にも、「アイマスク」などで目を温めたり、ちょっと目が疲れたなと思った時は、「マッサージ」することも大切です。

 

そんなことで対策ができるの?と思うかも知れませんが、対策をするのとしないのでは、大きく変わってきます。
目の疲れは、目のトラブルを引き起こすだけでなく、体の他の部位にも症状を引き起こす可能性があります。

 

そうならないためにも、目は大切にしなければならない事、普段から目への意識を変えれば、事前に症状を和らげる対策ができますので、みなさんもぜひ参考にしてみてくださいね!

 

目の事を考えて作られたビルベリーサプリのおすすめはこちら↓