ビルベリーサプリおすすめ.com

目に良い栄養素@目に最も影響がある?!「ビタミンA」

 

ビタミンAは脂溶性ビタミン(油脂に溶けるタイプ)で、夜間の視力や目の健康を維持してくれます。不足すると、暗い所や夜間にものが見えにくくなる「夜盲症」になる場合もある、重要なビタミンです。

 

目の網膜には、光に反応するロドプシンという物質があるため、暗い場所でも慣れてくるとものが見えます。そのロドプシンの主成分はビタミンAなので、ロドプシンが壊れた場合の再合成にはビタミンAが必要です。また、色を見分ける力にもビタミンAが深く関係しているため、目の働きに欠かせない栄養素となっています。

 

ビタミンAが多く含まれている食品は、鶏や豚のレバー、あんこうの肝、うなぎ、モロヘイヤ、にんじん、しそ、かぼちゃ、焼き海苔などです。

 

脂溶性のビタミンのため、水で洗っても成分は失われません。
しかし光には弱めで、酸化や乾燥で壊れやすい性質をもっています。

 

油といっしょに摂ることで吸収率が高くなるので、ソテーにしたりドレッシングとあえるなどして食べるといいですね。

 

ビタミンAは摂りすぎると頭痛や吐き気、ひどい場合には肝機能障害を引き起こすことがあります。

 

食事として摂るにはほとんど問題ありませんが、サプリメントでビタミンAを摂る場合には、過剰摂取に注意しましょう。