ビルベリーサプリおすすめ.com

ドライアイとはどんな症状なの?

 

【ドライアイとは?】

 

ドライアイって、何となく聞いたことはあるけど、実際どんな症状があって、どんな治療法なのか、わからない人のために詳しくご紹介したいと思います。

 

そもそも、ドライアイは目の病気です。

 

 

目を守るのに欠かせない涙の量が不安定になり、目の表面に傷がつきやすくなる病気です。
つまり、名前の通り目が乾いてしまうということなんです。

 

近年、ドライアイを発症する人が増えてきています。

 

その原因といえるのが、高齢化、エアコンの使用、パソコンやスマートフォンの使用、コンタクトレンズ装用者の増加に伴い、

 

その数は2,200万人以上と言われているそうです。

 

季節によっては毎日エアコンのある部屋で過ごす方や、私たちの生活になくてはならないスマートフォン。デスクワークの方には欠かせないパソコン。
ドライアイという病気は、みなさんの身近な病気だったりするんです。

 

では、ドライアイって実際どんな症状が発症するのでしょうか。

 

 

【ドライアイの症状】

 

・目が疲れやすい
・目に異物感がある
・物がかすんで見える
・目が充血している
・涙が出やすい
・目がゴロゴロする
・最近視力が低下した

 

 

ドライアイは、目を使い続けることで視力の低下も起こります。

 

なんだか最近、以前に比べて目の調子が良くないなと思って方は、上記の症状とご自分の目の症状を比べてみてください。
また、簡単に誰でもドライアイのセルフチェックをすることが可能です。

 

やり方はとても簡単!

 

まず、あなたは10秒間瞬きをせずに目を開けていられますか?
10秒間なんて短いじゃん!と思いますよね。

 

でも実際やってみると、10秒間って長いですし瞬きを我慢できない方も多いのでは?

 

もし、目を開けていられなかったり、10秒がギリギリという方、目を守る涙の量が少ない可能性が大!!

 

もしかしたら、ドライアイかもしれません。

 

6人に1人がドライアイと言われているので、あなたもドライアイのセルフチェックをまずはオススメします。

 

では、もしドライアイになってしまったらどうしたら良いのでしょうか。
ドライアイの対処法はこちら↓

 

 

【ドライアイになってしまったら】

 

■瞬きを意識してみよう!

 

ドライアイは、瞬きの回数が減ってしまうことにより引き起こすため、普段の生活から瞬きをする習慣をつけるだけでも、目への負担は減ります。
また、目を使いすぎたなと思った時は、目を休憩させてあげることも大切です。

 

■目薬でスッキリ!

 

ドライアイには、目薬も効果的です。市販の目薬もたくさん販売されていますが、やはり眼科を受診して目薬を処方してもらったほうが、成分などの安全面も安心できますよね。

 

■目のツボ押しでスッキリ!

 

目の周辺のツボを3つ押すだけで、ドライアイや疲れ目を解消してくれます。
気がついた時にできる、簡単な方法なのでどなたでも手軽にできますね♪

 

 

【まとめ】

 

私はドライアイなんて大丈夫!と思っている方や、そんなにスマートフォンやパソコンは使ってないから平気だろうと思っている方も、ドライアイは私たちにとって、とても身近な目の病気なので、みなさんも気をつけて下さい。