老化を防ぐ!?アスタキサンチン

目に良い栄養素E活性酸素を消去して老化知らず!アスタキサンチン

 

赤い色素を持つカロテノイドであるアスタキサンチンは抗酸化作用をもつ成分のなかでも非常に強い抗酸化力で、脳や目の活性酸素を除去し老化から守ってくれます。

 

目の毛様体筋という筋肉は水晶体を伸縮させてピント調節をしています。

 

ですから、目を酷使してしまうと毛様体筋が疲れて眼精疲労へと進行していきます。

 

アスタキサンチンは血流を良くすることにより、疲労物質はすばやく流し去り疲労回復に必要な酸素や栄養分を目に届けます。これにより、疲労回復とピントの調節機能を高める働きが生まれるのです。また、常に紫外線にさらされ活性酸素が大量に発生してしまう目。アスタキサンチンは目の深部にまで抗酸化作用を行き渡らせて、白内障や加齢黄斑変性症など活性酸素の蓄積からも引き起こされるとされている眼病の予防や改善にも一役買っています。

 

アスタキサンチンは海産物に含まれています。

 

代表的なのが鮭・いくら、そして殻ごと食べられる桜えびです。カニやエビなど甲殻類や金目鯛にも多く含まれており、いずれも加熱したら赤くなるのが特徴です。まぐろやかつおは赤身ですが、加熱した時には白くなります。アスタキサンチンは含まれていませんので注意してくださいね。